鍵交換・車の鍵紛失ならエースロックサービス

鍵交換・車の鍵紛失ならエースロックサービス【八王子市・日野市・多摩市・府中市】 | 24時間365日受付対応、プロの鍵屋が駆けつけます。tel:0120-149-769

イモビライザーの敵イモビカッターに対抗する手段

 |  |  | 0

イモビライザーの敵イモビカッターに対抗する手段

イモビライザーとは、車の鍵を複製されたとしてもエンジンを始動することができない防犯装置として脚光を浴びました。

しかし、窃盗グループはそれに対抗するアイテム「イモビカッター」を使うことによってイモビライザー搭載の車でもやすやすと盗まれてしまうようになりました。

今回は、イモビカッターに対抗する手段について説明します。

イモビライザーとイモビカッターの仕組みとは

イモビライザーは、車の鍵に取り付けられた電子部品が発信するIDを車のコンピューターが受信し、自分が持っている許可されたIDのリストと照合して合致すればエンジンの始動ができるというものです。車の鍵を複製してもIDが違うキーだとドアは開けられてもエンジンは始動できないというわけです。

イモビカッターは、車のコンピューターにアクセスして、記憶している鍵のIDをクリアして、新しい窃盗犯が持っている鍵のIDを登録することによってエンジンを始動できるようにするものです。

つまり、イモビカッターを使われてしまうとイモビライザーの機能が全く無意味になってしまうのです。

イモビカッターの対策とは

では、イモビライザー搭載の車を持っている場合にイモビカッターに対する対応策はないのでしょうか。
イモビカッターに対する対策について考えてみます。

車のコンピューターに物理的にアクセスでき無くする

最近の車には、整備や故障の特定のために車のコンピューターと通信するためのポートがついています。
これをOBD(On-board diagnostics)と言います。

イモビカッターもこのポートを使用して車のコンピューターと通信をしていますので、このポートを物理的にロックしてしまうことによってOBDポートにアクセスできなくすればイモビカッターを使うことができなくなるわけです。

実際にイモビカッターの対策品としてOBDポートに蓋をしてロックをするという商品が売られています。
もちろん、車の内装をばらして配線を繋ぎ直せばポートをロックしても無駄なのですが、それには時間がかかるので、窃盗犯を諦めさせるという効果を狙っています。

イモビカッターを使用すると警報が鳴るシステム

詳しい仕組みは不明ですが、後付けのカーセキュリティーシステムとしてイモビカッターが使用されたことを検知するとサイレンが鳴ったりイモビカッターの信号を無効にするようなものもあるようです。

こちらのシステムは防犯上、その仕組みが公開されていないので専門ショップに問い合わせるしかないのですが、万全を期すということであれば、このようなセキュリティーシステムを考えてみてもいいかもしれません。

イモビライザーがついているからといって安心できない

このように、イモビライザーがついていたとしても車の盗難を完全に防ぐことはできません。
車を盗まれたくないのであれば、何らかの対策を考える必要があります。

>>イモビライザーのトラブルや車の鍵紛失ならエースロックサービス